ルービックキューブ攻略法

 このホームページでは、ルービックキューブの解法を紹介しています。3×3×3ルービックキューブの解法はツクダ式と呼ばれるもので、パルボックス製のルービックキューブに付属されている解法です。4×4×4リベンジと5×5×5プロフェッサーの解法はオリジナルの解法で内堀式と名付けました。これらの解法の特徴は、非常に覚えやすくなっている点です。多少、遠回りの解法なのかもしれませんが、覚えるパターンをなるべく少なくし、また、パターンも覚えやすいものにしています。スピードを追求するのではなく、単に6面完成を体得したい人には、打って付けの解法です。

自作フリーソフト イジェクトUSB

 USBデバイスをパソコンから取り外す際、タスクトレイの「ハードウェアの取り外し」を行いますが、取り外すドライブを間違いやすいので、自作フリーソフトを作りました。
 この手のソフトは他にもありますが、本ソフトの特徴として次の3つが挙げられます。

1)内蔵マルチカードリーダライタなどを、デバイスごとイジェクトするようなことはせず、選択したドライブのみをイジェクトする。
2)イジェクトするさい、取り外すドライブを間違えないように、できるだけ多くの情報を表示する。
3)デバイスの挿入を検知し、「起動・再生」、「フォルダを開く」をナビゲートする。

 もし、気に入られたら使ってみて下さい。

このページのトップへ